ベトナムは各民族の統一国家

07/11/2018

「ベトナム社会主義共和国はベトナムの地で共に生活する各民族の統一国家である」

憲法第5条にも定められているように、ベトナムは多民族国家であることを規定しており、身分証にも民族を記入する欄が設けられています。それほど、多種多様な民族が入り混り、ベトナム政府が公認しているだけでも、その数は54種にものぼります。最も多い民族はベトナム族とも言われるキン族で、割合としては全人口の85~90%を占めています。そのキン族が話す言語がベトナム語で公用語としても使われています。

次に多い民族がホアンビン省やタインホア省の山間部に住むムオン族。他にも少数民族として、華人系のホア族やタイ系のタイ―族、さらにはクメール族、モン族などがいますが、少数民族はホア族とクメール族以外、ほとんどが山間部に住んでいます。

公用語のベトナム語の他に、広東語や北京語などを話す人もおり、一部の高齢者はフランス領土時代の影響からフランス語を理解することができます。また、近年は英語教育が一般的になっており、若い人を中心に英語を理解できる人が増えています。

生産量が世界の3割を占める農産物は?

安定した経済成長を遂げているベトナムでは、労働人口の約66%が第一次産業(農業、林業、水産業)に従事しています。近年は、第二次、第三次産業が急成長を遂げ、第一次産業従事者は減っていますが、それでも原油、衣料品、農水産物の輸出は絶好調の観光業と共に、重要な外貨獲得源となっています。

なかでも世界の生産量の3割を占めるカシューナッツと黒胡椒は品質的にも優れており、世界各国に輸出しています。また、ベトナムの農産物で有名なコーヒーは、ブラジルに次いで世界2位の生産量を誇り、その大部分が安価なロブスタ種(コーヒーショップなどで使用される豆は高級なアラビカ種)のため、インスタントコーヒーや缶コーヒー、製菓用などに輸出されています。現在はアラビカ種の栽培も行われており、お土産用としての販売や輸出だけではなく、ベトナム国内のコーヒーショップでも使用されるなど、その需要は非常に高まっています。

日本人も大好き!ベトナムの食文化

野菜が多くヘルシーで、日本人の口にも合うことから、日本国内でも急増しているベトナムレストラン。北部の料理は、隣接する中国やフランス統治時代の影響を受けて、マイルドで食べやすい料理が多く、一方、南部はカンボジアに隣接しているため、ココナッツミルクや香草を多用した料理が人気です。

また、ベトナムでは日本食レストランが急増しているので、日本食が恋しくなっても安心です。ただし、日系外食チェーン店の進出はまだ少なく、現地のベトナム人が経営している日本食レストランが多いので、日本人が食すと「少し物足りない」または「全然違う料理」と感じることも少なくありません。一方で、在住日本人から人気が高い日本料理店や日本人が経営する飲食店もあり、ホーチミンかハノイであれば、本格的な日本食を食べることができるでしょう。

しかし、せっかくベトナムで暮らすなら、現地の食文化を堪能してみたいもの。日本人からも好評なベトナムの定番料理には、どのようなものがあるのでしょうか?

出典:https://www.kaigaiijyu.com/country/vietnam/culture.php

 

 

 


関連記事

IVY HR送り出し機関が翻訳サービスを既に提供

主たる事業である人材派遣の他、お客様の多様なニーズに応じるために、IVY HR送り出し機関はあらゆる資料を越日・日越・英越翻訳しております。

IVY HR送り出し機関が教師の日を祝賀し、日本語交流会及び歌や踊りの発表会を開催

2019年11月20日、『ベトナムの教師の日』に際し、IVY HR送り出し機関では、祝賀ムードの中、日々技能実習生育成事業に献身的に従事する当機関の教師へ感謝の気持ちを表すため、日本語交流会及び歌や踊りの発表会を開催いたしました。